あかり読書ブログ

本のある生活

『百器徒然袋 雨』京極夏彦

 

再読。

私が持っているのは講談社NOVELS版です。1999年第一刷。

せっかくの機会だから、テンション高い、裏表紙の紹介文を書いておきます。

救いようのない八方塞がりの状況も、国際的な無理難題も、判断不能な怪現象も、すべてを完全粉砕する男。ご存知、探偵・榎木津礼二郎! 「下僕」の関口、益田、今川、伊佐閒を引き連れて、さらには京極堂中禅寺秋彦さえ引きずり出して、快刀乱麻の大暴れ! 不可能状況を打開する力技が炸裂する三本の中編。

この紹介文、好きです。表紙に「探偵小説」と書いてあるのも良かったです。

 

当時、妹が京極夏彦作品を強く推してきたので、私もすっかりハマってしまいました。ミステリブームが起こり、女子の間ではこの分野での二次創作が盛んになって、同人誌が大量に作られました。私が観測した限りでは、だいたいBL(偏ってるかも)。

【内容】

「推理はしないんです。彼は」。知人・大河内の奇妙な言葉にひかれて神保町の薔薇十字探偵社を訪れた「僕」。気がつけば依頼人の自分まで関口、益田、今川、伊佐間同様“名探偵”榎木津礼二郎の“下僕”となっていた…。京極堂をも巻き込んで展開するハチャメチャな妖怪三篇「鳴釜」「瓶長」「山颪」を収録。 

私は榎木津礼二郎がとても好きです。

ありえないくらいに頭が良くて顔も良くて、本当は誰より繊細で真面目なのに、凄くめちゃくちゃなやつが好きなんです。

この本の中の榎木津は、気持ちよいくらいめちゃくちゃ。大活躍です!

 

以下ネタバレあるかもしれません。

 

さて、各話の感想を。

実は私、漢字が読めなかったので、( )に読み方書いておきます。

 

①『鳴釜(なりかま)』

 大河内はシャイな男なのだ。顔つきや肩の線などは、あの宮沢賢治に善く似ている。勿論僕は宮沢賢治に会ったことなどはないけれど、写真で見る限り彼はこんな顔だった筈だと思う。

唐突な宮沢賢治。前記事が宮沢賢治だったので、「つながってる……!」とハッとした。わりとどうでもいい偶然である。

 

読み始めてすぐ、どんな話だったのかを思い出した。

勤め先の御曹司とその友達に輪姦され、身籠もった女性が登場する話である。

憧れていた身分違いの御曹司に輪姦されるとか、想像するだけでかなりキツい。しかも相手側は親子とも、それを何とも思っちゃいない。事件のことは認めるが、和姦だ、女性が淫乱なだけだ、むしろ風紀を乱されて迷惑だと言う。女性の両親が怒って謝罪を求めても、むしろ「タカリ」扱いをされてしまう。

昭和もまだ戦後間もなく、性犯罪の被害者に対する人々の視線も、今よりずっと冷ややかだっただろう。

女性は自殺未遂を図るが、やがてまわりの反対を押し切って出産する。

事件に憤った叔父「僕」が、知人である大河内に相談したところ、探偵を紹介しようという。何故探偵なのか……。釈然としないまま、「僕」は探偵榎木津礼二郎のいる、薔薇十字探偵社を訪ねる。

 

探偵榎木津の登場時の記述はこうだ。

 僕は暫し放心してしまった。何だか────この世のものとは思えない。物凄く非常識だ。

 まるで鑼でも叩いたかのように鳴り物入りで登場するや、高圧的な罵倒語を間抜けな口調で高らかに捲し立てる────その行為自体も凄いと云えば凄いのだが─────男がつかつかと近づいて来るに連れ、僕はあることに気がついた。 

どうやらこの男の場合、問題はその半ば常軌を逸した行動とその容姿の落差にこそあるのだ。

 麗人────なのである。

 栗色の髪の毛に大きな瞳。鳶色の瞳。色素の薄い上品そうな顔立ちを、凜凜しい眉がきりりと引き締めている。僕はこれ程整った顔の男を見たことがなかった。これぞ美男子だ、と云う顔なのである。

ああ、いい描写。

女性の傷ついた心や誇りは戻らないかもしれないけれど、未来に希望を感じさせる一編。

 

②『瓶長(かめおさ)』

好きな話なのである。この三作の中では一番好きだ。

亀とか瓶とか壺とかいろいろ出てくる。最初はわけがわからない。

ちなみに亀の名前は千姫である。なんて素敵。

 

榎木津が飲んでいた「飴湯」とは何だろう、と思った。

ルビは「あめゆ」……ひらがなで書くと、丸みが多くてなんともかわいらしい字面である。

当時流行っていた飲み物で、おそらく砂糖か水飴を薄めた飲み物なのではなかろうか。

と思って調べたら、現在でもあるらしい。麦芽水飴を湯で溶いたものだそう。生姜など入れたりするらしい。

冷やしたものを「冷やし飴」、温かいものを「飴湯」という。

私の住んでいる地方では見かけないだけであった。

ja.wikipedia.org

 

③『山颪(やまおろし)』

「僕」は、友人に干し大根を押しつけられる。

干し大根とは何だろう?

こんな感じかな……?


www.youtube.com

 

ついに「僕」に重要な役回りが与えられ、「下僕」化が進行してしまう。

 

ミステリだし、展開を知っていて何回も読むのはヘンかもしれないが、面白かった。久しぶりに続きの『百器徒然袋 風』も読みたい。